総量規制とは一体何?

いきなり題名からして難しい言葉で頭を悩ます方もいるかもしれません。
総量規制とはキャッシングの専門用語ですのでなかなか耳にしたことがない言葉なのではないでしょうか?

 

この総量規制について知らなくてはキャッシングのと知識としてはたりないことになってしまいます。
では一体総量規制とはなんでしょうか?

 

総量規制とは法律の名前です。
年収の3分の1までしかキャッシングで借り入れをすることができないという法律です。
つまり言い方を変えれば専業主婦のように収入がないとキャッシングができないということなのです。
またパートやアルバイトではもともとの収入が低いためキャッシングできる金額が少なくなるというわけです。

 

これは平成22年に施行された法律です。
それまでは借りたい人が借りたいだけキャッシングできたような時代でした。
借りる側も借りたいばかり、貸す方も貸したいばかりといったような感じでした。
そのためいつのまにか多重債務者が多くなってしまいおかしな世の中になってしまったのです。
そこでこの法律によって厳しく制限を設けるようになったのです。

 

今でも配偶者貸し付け制度といって旦那様が収入があればその必要な書類などを出せば専業主婦でも借りれるという制度はあるようですがあまり利用している人はいないようです。
やはり旦那様に内緒でキャッシングをしたい女性が多いというのが現状のようです。

 

ではどうやってこの総量規制というほうりつがある中、専業主婦達はお金を用意することができるのでしょうか?
それが総量規制対象外というものです。

 

というのもそもそもこの総量規制という法律は貸金業法というもので貸金業者に適応される法律です。
今は貸金業だけがキャッシングできる会社ではありません。
今は銀行でもカードローンとしてキャッシングを行っています。
つまり、銀行カードローンは貸金業法で管轄されていないので総量規制が関係ないのです。
総量規制対象外なのです。
オリックス銀行カードローンが人気の理由【審査と評判】に詳しく書いてあります。

 

そのため女性で収入がない主婦やパート・アルバイトの人たちは銀行カードローンの方がお勧めかもしれません。
大きな金額はキャッシングできないかもしれませんがキャッシングをすることができるのが総量規制対象外なのです。